経営者の成長

経営者の成長とは
毎日戦争のような色んな試練や
様々な経験により成長し
それを自覚でき
感謝できるようになることである。

変化対応経営により
世間からは変わり者に見られるが
新しもの好きの変化創造経営の志向が必要である。

時代が変わればそれまでの強みが弱みになるので
自ら変化対応して自ら進化させる。

逆転の発想をする体質や風土がなければ
永続経営はできない。
事業の端境期が起きないよう
常にそのための先行投資をする。

巧遅は拙速に如かず。

運の良い人は
常に運が良くなるように努力と判断をしている。
王道を行き縁を大切にして
利他の精神で行動する。

経営の成り行き任せで生じる問題点を予測し
それが起こらないように先行して対応策を行う。

成り行き任せ経営は摩擦がなく前進できないので、
改善の摩擦をつくり経営の進化を図る。
利益拡大のためにサービス商品の利益率向上と
売上回転率の向上を図る。

企業経営は創業者、その思いの理念や縁、
歴史と経験、強みの本質を理解しなければ成功しない。

それ故、守成は創業より難しい。
企業の象徴は創業者である。
歴史を知らないで未来は語れない。


(参考)
巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)

上手だが遅いよりも下手でも速いほうがよいということ。


今日のつぶやき

順境にいて悲観し、
逆境において楽観せよ。


(出光佐三氏・出光興産創業者)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント