テーマ:独り言

自然治癒力、免疫力アップのための生活習慣×健康法

普段気をつけているのは酒を飲みすぎない、 腹8分目、よく歩くこと。 酒は日本酒、とくに純米酒が好きだが 日曜日だけは休肝日と決めている。 食事は時間がなかったり、めんどくさい時は食べないので、 お腹がすいた時だけ食べるから1日2食のことが多い。 だから“食いだめ”も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の座右の銘

今回は、私が座右の銘としている言葉について。 ①無知の知 (自らの無知を自覚することが真の認識に至る道であるというソクラテスの言葉) ②我外皆師 ③人間万事塞翁が馬 (人生における幸不幸は予測しがたい) ④好奇心と緊張感を楽しむ。 ⑤リスクマネジメントを推進する。 ⑥真理を知り、是…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挑戦進取主義 ~東日本大震災によせて~

事業や株式は周囲と違う「逆張り」で差をつけることができる。 しかし、「逆張り」は物事の本質が見られていないと判断を間違える。 経済が縮少すれば不幸な人が増加する。 消費の自粛は、経済の縮小・不景気を招き、倒産が増加し、弱者はますます厳しい状態に陥ってしまう。 過剰な自粛は経済を縮小して被災地復興の足を引っ張って「自粛災害」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

○○○思考になろう!

よく耳にする「○○○思考」という言葉。 10のポイントをおさえてみましょう。 ①流れを生かす。(流れには必然性があるので、逆らわない) ②成功するまですれば失敗なし。(成功すれば全てが好転!) ~某バスケットボールの漫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「5S」を推進しよう。

【5Sとは?】 ①整理 ~思い切って捨てる~ …まず、要るものと要らないものを分ける。そして、要らないものを捨てる。   書類などがたまっていませんか? ②整頓 ~安会性・美観も考慮~ …必要なものをいつでも誰でも取り出せる様にする。  自分にしかわからない収納になっていませんか? ③清掃 ~隅や裏まで手を抜かない~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生訓について

【 十河の人生訓 】 ① 理(真理・道理)に外れたことをしない。 ② 他を煩わせない。 ③ 無駄をしない。 ④ 生涯修行、臨終定年。 ⑤ 人生の貯蓄=健康+知識+友人 →財産{%キラキラwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十河の独り言     -プラス思考-

- プラス思考 - ① 流れを生かす   (流れに必然性あり、逆らわない) ② 成功するまで続ければ失敗なし   (成功すれば全てが好転する) ③ 今出来る最善を考え抜く ④ 敵は己で周りは対話{%かんぱい(チカチ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

決断力

【決断力】とは 自分自身で判断し、その結果について責任を取る能力のことである。 責任を果たすために決断する場合、 「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」こともある。 →規律を保つためには、たとえ愛する者であっても、  違反者は厳しく処分することのたとえ。 すべて、馬謖(ばしょく)を斬ることばかりではないが 自分自身の責任…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

優先順位の原則

経営の優先順位とは ①今日の飯を食べること  (今日の必要資金と利益を確保する) ②経営理念や価値感を浸透させ、  コミュニケーションや信頼関係により組職力を向上させる  理念無くして業績なし  理念が浸透してこそ  会社には求心力や活力  技術力や学業力が生まれ、業績が向上する ③良質で安価な商品を納期通…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

採用に関して

当社は 人材を「人財」として、 経営資源の中心に位置づけている。 【人財採用方針】 少数精鋭で採用人数は、 70才迄勤続の責任が持てるかで決める。 将来、当社の経営理念を共有可能な人財かどうかを判断する。 少数精鋭を追求し、社員目標は200名(~500名)とし、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人財に期待すること

当社が期待する人財とは 当社の経営理念・基本方針に共感し、 誠実・競争力・バランス感覚・技術に興味・特徴的である人財。 多能職プロ自立人財。アイディアマン。 協和に居ないと困る人。 経営理念の重要性 協和フィロソフィの共感力は 職務能力や実績力よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あらためて 「協和の理念」を

「全社員が共通で理解している、当社の存在目的、 経営理念」を集めたものが協和語である。 そして、このブログは、協和語コレクションの中から 毎回一部抜粋している。 日本語が分からないと本当の日本人にはなれず、 企業も同じであり協和語を理解せずして協和を理解できない。 協和語が会社の 独自文化・CI(コーポレートア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強い会社であるために

自律とは、自らを律することであり、 個の独自性を発揮しながらも、 他人や全体を考えて自らを律することで、 他人に尊敬される独自性と全体の方向性の中で 自分を変える柔軟性を備えていることである。 自立とは、独立や依存しない状態、互助であることである。 経営組織は、自己主張を押し通そうと意地を張れば、 他人との信頼関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

協和発曼荼羅セル超ヒトデ経営とは

超ヒトデ経営は、 企業の成長拡大ではなく、社員が幸せでつぶれにくい 永続的な企業体質にする事である。 そのために全社員が営業し、経営者意識を持ち、 各事業部分社に自律、自立、自己責任の企業文化が 浸透するように経営を推進する。 オンリーワン企業の特異で異質企業を目指す。 企業経営を登山{%富士山webry%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

企業の目的と手段や目標の混同防止

企業の目的が、知らず知らずの間に、 経営理念の実現から、目的達成のための手段である 規模の成長や利益ばかりを追求することになって 会社を混乱さすことが多いので、 時々原点回帰する必要がある。 企業目的達成のための手段としての戦略目標が 目的化して組織が混乱することが多い。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

会議の生産性向上

【会議】 会議の目的は「情報交換/伝達、指示・命令、決定」である。 会議が多いのは通常の業務フローが まともに機能していないからである。 会議や報告書の多い部門は、 責任者が現場の理解が少ないからである。 会議の時間は仕事がストップし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強い経営

【強い経営】 「経営の生命」は強い志と尊敬される哲学である。 経営理念がない企業は永続しない。 これがなければ素晴らしい人財は集まらない。 経営技術はその後についてくる。 今は「技術サービス商品」の競争から 「ビジネスモデル」の差別化の競争の時代である。 技術サービス業は人財のサービスが商…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

事故防止、安全の考え方

安全業務の方針は、 「経営理念」や仕事の最終目的を本当に理解して行動すれば、 緊張感を維持できて安全業務につながる。 現場事故の多発は経営理念の風化や経営の混乱が原因である。 【事故の原点】 事故の原点は企業文化であり、それを良くすることが 一番大事{%キラキラwebr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営戦略について

戦略とは見えない対応策、 戦術は見える対応策、 戦闘は活動・行動・実行である。 戦略とは 物事に優先順位や重み付けをすること、 選択と集中をすること すなわち「捨てること」でもある。 物事は、先ず、止める事を決めるから集中できる。 戦略的発想のない人は、なんでも追加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人財教育

会社は同じ目的で物事を行う集団。 会社は人間を磨くところ。 労働は人の心・人の生活・人の人生を作るものである。 企業は営利を目的として、継続的に経済活動を営む組織体。 企業は社員の成長により発展する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「責任をとる」ということ

企業の社会的責任とは ①法律の遵守、②納税、③利益を上げて永続経営。 +協和の理念 =技術で社会に奉仕、社員の幸せ、 職場の提供(雇用)と生活の安定(給料)。 経営者とは 自分の責任においてある判断をし、 その結果を全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前進挑戦主義

当社の経営方針(社員の活動基準) 1:お客様第一主義 2:付加価値主義 3:前進挑戦主義 受注、利益や規摸よりも事故の無い「いい仕事」で「お客様の信頼」を優先する 【お客様第一主義】。これをテコ(手段)にして利益という結果を出します。 世間からは喜んでいただき、 社員からは入社してよか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

求める人財 (新社員編)

当社は 人材を「人財」として、経営資源の中心に位置づけ、 「健康で面白い会社」「着実で強い会社」を目指している。 組織は「人」で成り立っている。 当社は、経営理念に共感する「人」の集合である。 これは、永続経営…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

付加価値主義

付加価値とは・・・ 英語で"Added Value”(AV)。 生産過程で新たに加えられる価値 企業が生み出す総利益。 経営能力向上の程度を示す指標である。 当社の「目指すべき企業像」は 社会で信頼と尊敬され、一人当り付加価値利益の高い 一流の中堅中小企業。 世間からは喜んでいただき{%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

組織力・リーダーシップ

組識力が強いとは メンバー個人の意識の強さだけではなく、 組織の理念・目的の共有を大事に考え リーダーやメンバー間の信頼の強さを意味する、 コミュニケーションの強さである。 信頼関係の弱い組織はいくら良い施策を指示しても 機能しにくい。 リーダーシップとは ある目標を達成するために、 個人あるいは集団を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十河の独り言

プロフィールに書けばいいのですが・・・・・・ 常に思っていること、心がけていること、 書いてみたいと思います 大切にしていることが伝わればうれしいです。。。 人生は偶然=人生においては何事も偶然である。 しかしまた人生におい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様第一主義

当社を創業したときの「思い」は 「同志の社員に職場を提供し、幸せになってもらいたい」ということ。 当社の理念に共感する社員が幸せでないなら 当社は必要なく それを邪魔する者も必要はない。 個人が第一、組織は第二である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶれない経営

ぶれない経営=まっすぐな経営 経営者が、経営理念や基本方針をころころ変える、 もしくは、 無意識に、その時(時代)の状況で「方針」を転換する・・・ 時代の波に乗るといえば聞こえはいいが、 社員は振り回されることになる。{%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

幸せですか?

協和企業理念(コーポレートコンセプト・フィロソフィ) 「協和と誠実」 協和:協調と調和   誠実:約束厳守 「優秀な技術で社会に奉仕する」 協和の中で経営理念に興味や共感がなければ、 社員は一体{%力仕事…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more