テーマ:経営戦略

【最新】永続経営のための評価戦略

評価の目的は経営理念実現と永続経営のためである。 戦略目標は企業として強みの向上、技術力向上、 健康で面白い会社にして組織を活性化する。 職能評価と業績評価を分離して、 多様性を育成し変化対応力を向上させていく。 職能評価の基準は全社員経営者経営として、 経営理念の理解実現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永続企業を目指す上で今できること

当社の目標は大阪で最長の永続経営企業を目指すこと。 1948年設立の会社で最後に残る レジリエンス独立永続会社になる。 1人/年当たり付加価値利益額で同業者には負けない。 規模・量でなく利益・質を重視した身の丈経営をする。 そのために、 してもしなくてもいい仕事を期末に棚卸しして合理化する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永続経営戦略と人財

永続経営を続けていくために、 次世代の経営リーダーとして適性のある人を見つける。 「千三つ」(せんみつ)の確率理論で考えれば、 500人集まれば必ず1人以上は居るはずなので、 見つけ出して育てていく。 それとは別に企業責任者は、経営能力よりも会社への思い、 経営理念の共感が一番強い人にする。 経営の公私混同や保身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70年間存続できた理由と必要な3つの力

協和が70年間存続できたのは、 電気の技術力が高かったからだけでなく、 経営学的知識が高かったからでもなく、 経営理念を風化させなかったからである。 経営で最も大切なことは、 創業からの経営理念、企業哲学、社是社訓、基本方針、 目的使命(MISSION)、有りたい姿(VISION)、 存在理由価値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創立72周年! オープン経営

当社は10月22日に 創立72周年を迎えることができました。 これもひとえに皆様方のご支援とご愛顧によるものと 深く感謝しております。 引き続き創業以来の伝統を継承し、 経営理念を軸に協和の強みを生かして 「お客様信頼」を積み重ねるべく努力していく所存です。 今後ともご指導・ご支援を賜りますよう 心よりお願い申し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い経営、強い経営とは

良い経営や悪い経営はない、 強い経営か弱い経営がある。 経営は結果であり、 社員や時代の相対的なものなので、 絶対に良い経営というものはない。 良い結果が出ていれば良い経営である。 儲かる商売はない、儲かる経営がある。 永続経営は 過去の時代を乗り越えてきた 強みの経営資産をぶらさないで、 さらに進化さすこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューノーマル(新常態)経営戦略(withコロナ時代)

①まず加速化している社会変化を認識しておく。  企業競争は優勝劣敗でなく弱肉強食になる。  感染症や自然災害の増加を考慮する。  常在戦場の危機感を浸透しなければ、  企業改革や活性化は成功しない。   ナショナリズム化で助け合う→奪い合うになる。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先見力と想像力と判断力

未来は見える能力のある人には見える(先見力)。 ほとんどの人は分かっていないことが分からない。 歴史は120年で全人類が入れ替わるので繰り返している。 人により想像力は大差である。 経営は日常の小さな判断の差が3年で大差になるので、 日常の小さな判断力が大事である。 経営戦略は単純明快でなけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中期経営計画書の作成方針

中計の作成方針は以下の通りである。 ①中計は10年先を見据えて3年先の有りたい会社のビジョンを決め、  そのために各年度にやるべき計画、目標、施策を決定し、  初年度計画の実行に集中するものであり、中計は年計である。 ➁経営戦略室は今年度中計を添削して、  次年度の全社中期経営計画書を作成する。  特に次年度の利益目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規事業の目的

新規事業を考える目的は以下の2つである。 ①本業に代わり得る事業を創る ➁将来の経営人財を育成する 新規事業は自分の目的を見つけるだけでなく、 皆がそれぞれ目的意識を 持てるようにしなければならない。 アイデアは完成してから目の前に現れることはなく、 アイデアの創生や実現に努力をする中で やっと少しずつ明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

評価基準と行動指針

会社の評価基準は「評判」が重要なキーワードである。 社会で評判が良く成っているか、 評判が悪く成っているかを評価基準として、 評判を向上して採用や取引先、銀行との関係を向上する。 SDGsやESGに配慮して社会貢献する。 尊敬・信頼される会社を目指す。 個人の行動指針としては 次のようなことが挙げられる{%うれしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営判断力を身につける

凡庸な経営者は 好き嫌い、損得勘定や勝ち負けで判断するが 戦略的経営者は目的達成のための 社会的信頼や公平性で最適な方法を判断する。 また、ブランド向上・評判上昇を考えて決断を下す。 凡庸な経営者は 自分より能力がある人財を理解したり 活用したりすることができない。 人の能力評価をする際、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブランドや強みを生かし「お客様信頼第一(CS)」を

当社の経営方針は「お客様信頼第一(CS)」である。 信頼できない人や環境には極力、近付かないようにする。 世の中は魑魅魍魎が渦巻き、安易に物事の判断をしない。 君子危うきに近寄らず お客様からの信頼向上を第一に。 約束厳守、義理(GNN)がすたれりゃこの世は闇である。 ピンチ・チェンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規事業と捨てるもの

戦略とは捨てることなり。 新規事業にチャレンジする場合は 必ず既存事業の何かを捨てなければ成功しない。 経営の攻める・守る・捨てるの内、 将来的には赤字の可能性の事業は 早目に捨てる勇気を持ち、その上で新規事業に挑戦する。 何かを捨てないで新規に挑戦しても 中途半端になり失敗する可能性が高い。 チャレンジのない安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創立71周年! 自分たちの物語をつくる。

当社は令和元年(2019年)10月22日 創立71周年を迎えることができました。 これもひとえに皆様方のご支援の賜物と 厚く御礼申し上げます。 これからも社員一同、 経営理念を軸として 協和の強みを生かし 「お客様信頼」を積み重ねるべく努力いたします。 今後とも倍旧のご愛顧を賜りますよう お願い申し上げます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちは違うんだ2019~②

「うちが違うんだ」は、 当社の強み・キーワードである。 前回分はこちらから↓ うちは違うんだ2019~① https://sogom.at.webry.info/201910/article_1.html 好き嫌い、勝ち負けでなくお客様貢献 経営は課題解決でなく課題発見 教育はOff-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちは違うんだ2019~①

「うちが違うんだ」は、 当社の強み・キーワードである。 安全でなく信頼 効率的でなく効果的 独善でなく競争優位性、独善でなく信頼関係 大規模でなくニッチ、無失点よりスピード 安心でなくチャレンジ、孤立でなく人脈 蛸壺でなくネットワーク 指示実行でなく理念実行、安心感でなく緊張感 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中力と成功、長生きする経営

成功する人は 物事への集中力があり、 成功する組織は各人が仕事に集中している。 仕事のやり方は各人が集中できるようにする。 集中しないで、 知恵や運だけで成功し続けた人はいない。 令和の経営は思考改革、線形から非線形の時代、 物理からデータ科学の時代、朝礼朝改のスピード{%ロケットwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブランドと評判

企業の強みはブランド力であり、 営業も採用も同様である。 建設・サービス商品は 契約時に製品検査が出来ないので、 信頼のブランドや評判で判断するしかない。 余りものに値段・価値は無し 企業ブランドや評判が業績を左右する。 ネーミングが経営を左右する。 それゆえ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

協和の伝統と経営能力

協和の伝統は 改革と人事活性化における不断の深化である。 元気な企業団体、幹部と交流できる地元団体や 永続的にサービスができる団体と取引する。 経営幹部は常に若返りしてスピード経営を図る。 会社にいないと困る人財で、会社貢献の連動報酬にする。 先端的で歴史に残る改革は 一般人には理解で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永続経営戦略に欠かせない人財

永続経営をするためには 人財が大切である。 保身に走る人材や大企業病にかかった人は 積極的に幹部から排除する。 新規事業にチャレンジして 責任を取る人財は経営幹部にする。 チャレンジしない人よりも 新規事業で失敗した人材に高い職能評価を行い、 そんな人を幹部にしなければ10年先の存続は難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70周年~長期存続できている理由

昨年70周年を迎えた当社が 長期存続できている理由をまとめてみる。 ①コンサルティング力・提案力でお客様に貢献する。  ノウハウを蓄積しお客様の課題を把握、分析し提案。 ②緊急時対応力があり任せて「無事故安心」。  無事故第一は企業文化でありお客様信頼につながる。 ③内部留保、技術力のある人財育成を優先で余裕経営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営の理解と想像力

同じ物事を見ても 考え方・経験・知識の量によって 経営の想像力は大きく異なる。 経営は言葉の意味だけで理解できない。 その言葉が出た潜在的理由(背景)が 理解できなければ 本当に理解したことにならない。 継続顧客とは過去の実績により 成り立っているため 信頼関係を継続するためには …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

採用時の戦略とは

採用はマーケティングである。 相手を思い求職者の立場で対応する。 面接担当以上の人財は採用がむずかしい。 優秀なセールスマンは数字にこだわり アイデアマンなので採用担当にする。 採用はトップセールスして第一線で活動し 初回対応をする。 リファラル採用活動も有効である。 採用の戦略としては 会社事業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more