改革は腕力ではなく〇〇〇である

各社員は個性が違うように、
それぞれ異なった理想の会社を考えている。
現状の中で折り合いをつけて皆働いているので、
改革に問題点があると
必ず批判勢力が発生し成功は難しい。

改革は目的でなく手段であり、
改革には必ず負の側面があるので注意する。
信頼が無ければ改革は成功しない。

改革は現状の課題改善の徹底でなければ殆ど失敗する。
改善の徹底によりほとんどのことは解決し、
その先に改革がある。

改善の徹底無くて改革無し。

企業の経営者は30年でほとんど変わり、
企業寿命は30年とも言われる。
それ故、企業理念や歴史を
大切にする会社が永続していく。

成長・成熟して衰退しないよう、
変化に対応、変身して進化する。
歴史を学ぶことは未来を学ぶことである。

改革は腕力ではなく、
歴史や理念を大切にしながら
進化していく「心」である。


☆参考記事

「改善と改革から質を高める」
https://sogom.at.webry.info/202008/article_3.html

「経営改革のタイミング」
https://sogom.at.webry.info/202010/article_1.html


今日のつぶやき

毎日仕事を0.1%変えれば
1年で36%変えることができる。