永続経営のための評価戦略

評価の目的は経営理念実現永続経営のためである。
戦略目標は企業として強みの向上、技術力向上、
健康で面白い会社にして組織を活性化する。

職能評価と業績評価を分離して、
多様性を育成し変化対応力を向上させていく。

職能評価の基準は全社員経営者経営として、
経営理念の理解実現貢献能力「(協和)経営者度」とする。
人の価値観は千差万別であり、
多項目でなく全体像の360度相対評価で
全社員の順位付けを行う。
そうすれば納得性が高く抜擢人事がやりやすい。

業績評価は「チャレンジシート」で、
年度目標のプロセスマネジメントにより
目標貢献の多面絶対評価で業績評価し賞与を支給する。



今日のつぶやき

この世は私が私になるところである。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント