強みを生かす経営

人も組織も、それぞれの強みを生かす。
そのために強みとなる長所を確認し、それを伸ばしていく。

短所は直すのでなく長所に変える能力を持つ。
欠点ばかり気にする人は経営者には向かない。
長所も短所になる可能性がある。
失敗を糧にして次のチャレンジをする。

会社の目的のために経営し、
  経営者の功名心で経営しない。
人や組織は簡単には変わらない。
  組織文化を変えるには、8割を新しい人にする方が簡単である。
ビッグカンパニー(規模)でなく
  グッドカンパニー(良質)を目指す。
今の経営論は経営の基本と過去の内容であり、
  現在の経営は今後理論化されるため書籍では勉強できない。

変化する時代は今までの強みが弱みになることもあるので、
遅れている分野は蛙飛び戦略を立てる。

自由に自らの強みを活かし未来に向かって
ビジネスを生み出せる人が活躍できる会社にする。

当社の強みは70年の失敗と成功という
歴史の温故知新積み重ね経営である。
経営力とは過去の歴史と本当の強みを
どれだけ知っているかである。


今日のつぶやき

言葉には無限の力がある。
言葉一つで人が元気になったり
元気が無くなったり、
喜んだり悲しんだりする。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント