中期経営計画書の作成方針

中計の作成方針は以下の通りである。

①中計は10年先を見据えて3年先の有りたい会社のビジョンを決め、
 そのために各年度にやるべき計画、目標、施策を決定し、
 初年度計画の実行に集中するものであり、中計は年計である。

➁経営戦略室は今年度中計を添削して、
 次年度の全社中期経営計画書を作成する。
 特に次年度の利益目標と組織図、
 3年先利益目標と組織図が重要
である。

③全部門の次年度経営基本方針リストの添削・修正を行う。
 特に技術事業分野を明記する。

④各部門は部員参加のDNA602合宿等で次年度中計検討会を実施、
 自部門中計の反省や歴史分析や強み確認をして、
 今年度中計を色鉛筆で添削し次年度中計の原稿を作成する。

⑤経営戦略室は部門経常利益計画集計表を作成して金額調整する。

⑥経営戦略室は部門毎に部員も参加して打合せし、
 全社目標に沿うよう内容調整する。

⑦部門長は次年度中計の叩き台を作って改善打合せを行い、
 中計の初版を作成。経営戦略室はそれを再チェックする。

⑧部門長は全社中計検討大会で発表した後、
 全社的に調整して役員会で経常利益目標額を決定する。

⑨新年度10月1日のキックオフパーティーで
 経常利益目標値の約束手形を受領する。

⑩部門長は年計を達成するために、
 部員にチャレンジシートと増力日誌で役割分担を明示して評価する。


今日のつぶやき

上級人財の条件とは
①信頼の報連相 ②段取り・時間使い上手
③作業でなく問題解決 ④考え方がユニーク
⑤人財育成上手