歴史と文化から未来を創造する

経営理念と社史、現場を理解しなければ、
当社の中計は創れない。
理解できないなら、他社が成功している中計を
コピーしたほうがいい。

人類は過去に経験した
困難の遺産を蓄積しているので、
歴史を理解しなければ
現在の社会を適切に運営できない。

企業も設立の経緯や社史が分からないなら
現在も理解できず、
会社にとって理想的な未来を創造できない。

企業は創業者とその文化で育った社員が退職後、
50年間存続するのは1,000社に3社程度である。
それ故、当社も70年存続している理由
理解できなければ、
たちまち業績は低迷してしまう。

企業経営は技術でなく、哲学・文化である。
米国のコンサルタントに経営指導を依頼すると
何千万円とかかるが、その3分の2は
企業の過去と強みの調査分析だという。

日本の歴史や文化を知らない人、
日本国に愛の無い人は日本人ではない。
企業も組織も同様である。

当社では企業文化の中で協和語は生まれたが、
その言葉(方言)が分からなければ
会社を理解することができない。



今日のつぶやき

心技体をバランス良く鍛える。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント