人事異動の方針

人事を考える上での方針は以下の通りである。

① 人事や組織をいじって解決する気にならない。
  変更することで却って混乱が拡大することもある。
  問題は全社的有機的である場合が多い。

② 定期ローテーション人事はせず10年先を見据え、
  人財育成と適材適所で行う。

③ 内工チャージ人財に育成し、
  組織の役割分担に合わせて調整する。

④ 異動先の環境と相性が合う。

⑤ 意欲がある。意欲的である

⑥ 家庭の事情に問題がない。

⑦ 地方への転勤は土地勘や人脈があること。
  また縁があるなど地域密着にする。

⑧ 懲罰人事でない。

⑨ 人事異動は提案者の結果責任である。

⑩ 人の為にする噂もあるので必ず裏を取る。


人事異動の基本は、お客様第一主義である。

売上増大のための人事異動でなく、
顧客信頼向上の視点で判断する。

お客様が当社の仕事に満足していただくのではなく、
会社の信頼が向上するように活動していく。
そのために能力や仕組みよりも、
お客様に思いの強い相性の合う人財を配属する。

人事異動を提案した人は、
その結果生じることに責任を持たなければならない。
また、その目的とする結果になるよう支援する。




今日のつぶやき

繊細な感性があり、
且つ集中力で図太くなる




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント