採用時の戦略とは

採用はマーケティングである。
相手を思い求職者の立場で対応する。

面接担当以上の人財は採用がむずかしい。

優秀なセールスマンは数字にこだわり
アイデアマンなので採用担当にする。
採用はトップセールスして第一線で活動し
初回対応をする。

リファラル採用活動も有効である。

採用の戦略としては

会社事業を魅力的にする。会社をPRする。
ホームページを魅力的にする。
福利厚生をPRする。SNSを活用する。
他社優位性を明示する。
会社を案内し安心してもらう。

毎月のシナジーパーティをする。
インターンシップでゲームを行う。
ICTの無料セミナーをする。
OBによる協力も考えている。

早期退職がないよう入社前のコミュニケーションと
会社の実体説明を適切にする。

中小企業は社長で大きく変わるので、
社長と面談しない段階で
入社希望する人は原則として採用しない。

採用の情報エントリー目標数は採用数の100倍とし、
採用目標10人の場合は1000人とする。
その中から適切な人材を時系列にトレースし、
外国人も含めて検討する。
全社員が採用活動に参加する。

優秀な人財とは、自分の知らない自分に気づく
自己認知の高い人物、
フィードバックを受けやすい受容性や
知的誠実性の性格である。


【参考】リファラル採用
社員の紹介や推薦により採用を行うこと。

💠今日のつぶやき💠

勉強により覚悟と自信を持って、
感謝・思いやり・
分かち合いの心で対応する。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント