トップマネジメント(経営責任役)に必要な能力

トップマネジメントに必要なのは
まず人望である。
先見性に優れた想像力や
決断する時の実行力も挙げられる。

また実現可能な中計の作成能力と
それを実現させる力も必要である。

物事には即断即決、臨機応変に取り組み、
試行錯誤、紆余曲折しても、スピード対応する。

経営責任役は新規開発にチャレンジし、
右上がりの中計達成請負人となり、
全社の業績結果共同責任者となる。

人が期待していることの理解力とアイデア提案力、
現状認識が適切でなければ判断力は悪くなる。

行動の優先順位を付ける
判断力が経営力になる。

問題解決力より問題防止力が大切である。
問題が無いのは問題を見つける能力が無いからである。

当社より業績や能力の高い経営者は多く、
今の経営判断より優れた判断が存在するであろう。
分社型経営で衆知を集めて
トップが決断、結果責任を取る。



今日のつぶやき

活力・気迫がなければ、
善も悪も、是も非もない。

(安岡正篤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント