壮大なスケール、世界遺産ビクトリアの滝へ。

以前から、未知の世界を知ったり、
初めての体験をすることに興味があり、
最近は旅行でその経験を積み重ねている。

海外に行くと、日本で見えなかったことが見えたり、
感じられたりする。
海外から見た日本、動向や経営戦略が見えたりして
企業経営にもいろいろ参考になることがある。

今回は7月初旬、ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカを訪れた。
南半球なので晩秋の気候。

まずは世界三大瀑布のひとつビクトリアの滝へ。
飛行機の窓から見ると、日の出の頃。
写真の右に見える白いものが滝から上がる水煙である。

百聞は一見に好かず。
百見は一験に好かず。
体験することで人生感や人間の器が変わる。

画像



画像



雨季に訪れた場合、地上からでも水煙が多すぎて
まったく見えないこともあるそうで、
その迫力に自然の偉大さを改めて感じる。


ボツワナのチョベ国立公園では、サファリツアーへ。
約5~7万頭のアフリカゾウが生息していると言われ
ほかにも寝そべっているライオン、イボイノシシのほか野鳥も多くみられた。

画像



南アフリカでは、赤ちゃんのライオンを触れる施設を訪れたり、
アパルトヘイト政策によって迫害された黒人居住区、
アフリカ大陸の最南端・喜望峰、アフリカペンギンが生息するボルダーズビーチへ。


▽喜望峰
画像



▽ボルダーズビーチ
画像



食事は魚介類が豊富で、すしブーム。
生ものもあるようだが
焼いたものがすし飯に乗っているものも。

また、ダチョウ肉のステーキを食べたが
脂身が少なくヘルシーなのが特徴。
ほかにもワニやイボイノシシといっためずらしいものを食した。


LCC(格安航空会社)が次々に就航されてきたこともあり
今まさに世界は、第二の大航海時代である。
LCCにより人の交流が100倍ぐらい増えたようにも思う。

南アフリカでは金やダイヤモンドの資源で富み
ショッピングモールは日本と変わらないにぎやかさ。
携帯電話やWi-Fiも通じるし、Facebookも使用できた。

実際に訪れることで、
出入りしている国、貿易の様子、通信技術などを垣間見、
今後のグローバル経済における事業戦略の
参考になる要素が多々得られたことに満足している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント